« ウルグアイ | トップページ | 貧困の影 »

2005.03.03

盧武鉉大統領の演説

韓国の盧武鉉大統領が3月1日に行なった演説の英訳全文(韓国語原文はこちら探し方が悪いのか、日本語訳全文は見つけることができませんでした)。

ビミョーな時代にビミョーな発言であると言えるのかもしれませんが、私は、素直なとてもいいスピーチだと思います。謙虚に耳を傾ける必要を感じます。ちょっと不躾な言い方になりますが、国民への実質的な約束もなく日本への具体的な糾弾も含まれていないのですから、それなりに親しく感じている友人の間の誠実かつ率直な提言として落ち着いて読まれるべきだと思うのですが、どうも受け取る側はピリピリしすぎているような気がします。ネットでくだを巻いている人たちはさておき、小泉首相も「国内事情を考えながらの発言だろう」と言って取り合わなかったようですし、昨日の全国紙社説では朝日しかこの演説を取り上げておらず、その朝日も、非常に否定的な評価を下しています。

盧大統領の 

「日本の理性に訴えます。真の内省に基づき、二国の間の深い感情的なわだかまりを取り除き、傷を癒すための第一歩を踏み出さなくてはなりません」

という声は、残念ながら日本の良心には届かなかったようです。

とても共感する記事を GAKU さんという方の Internet Zone::Movable TypeでBlog生活に見つけました。トラックバックを送ります。

と書いたところで、GAKU さんの別記事経由で日本語訳全文を知りました。

2005年 3月 3日 午前 12:01 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 盧武鉉大統領の演説:

» 柳寛順最期の地 トラックバック ++つぶやき手帳++
たまには旅のストック写真もご披露いたしませんと。 盧武鉉大統領の3・1節記念演説で名前の出てきた柳寛順(ユ・グァンスン)は「韓国のジャンヌ・ダルク」とも呼ばれ... 続きを読む

受信: 2005/03/04 15:03:45

» 韓国:盧武鉉大統領は、日本の努力を評価せず。 トラックバック むにゅうの平和大好き!
韓国の盧武鉉大統領が1日に行った演説全文の翻訳がここに転載され公開されています。「日本の知性にもう一度訴える」(転載)以下はその演説への突っ込みです。>これまで... 続きを読む

受信: 2005/03/04 23:19:44

» 建設的な議論とは。 トラックバック むにゅうの平和大好き!
あるところでこんなことを言われました。http://plaza.rakuten.co.jp/munyu/がむにゅうさんでしょうか。もしそうなら、考え方や話の組み... 続きを読む

受信: 2005/03/04 23:46:25

» 徒然掲示板・・・徒然なるままに・・・!? トラックバック 雑食系ブログ。(仮)−【北朝鮮・チベット・中国人権ウォッチ】別館?
*「徒然掲示板」の拙投稿文を掲載します。 http://6547.teacup.com/sinken/bbs 「同情するなら」・・・ 投稿者... 続きを読む

受信: 2005/03/05 9:53:25

» 「日本の知性にもう一度訴える」(転載) トラックバック ▼milou
梶村太一郎さんのメールが送られてきましたので、転載します。 日本の現状を踏まえて、私もしっかり受け止めたいと思います。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー ... 続きを読む

受信: 2005/03/07 22:03:55

» [IZ]:3・1節記念式典での盧武鉉大統領の演説(全文日本語訳) トラックバック Internet Zone::Movable TypeでBlog生活
盧武鉉大統領の演説の日本語全文が、在日韓国大使館のサイトに掲載されています。 第86回3.1節記念式典・大統領祝辞 政治的配慮かも知れませんが、「賠償」のくだり... 続きを読む

受信: 2005/03/08 19:56:45

コメント

この演説で、韓国は日本を友好国とは考えていないことがはっきりしましたね。

投稿: むにゅう | 2005/03/03 8:05:13

むにゅうさん、コメントありがとうございます。
う~ん、そうでしょうか。私は、「うまくやっていきたい友人(友好国)だからこそ率直に言うぞ」、みたいなスピーチだと思います。

投稿: うに | 2005/03/03 8:30:08

このコメントで、むにゅうさんが韓国を嫌っていることがよくわかりますね。

投稿: 99 | 2005/03/03 11:18:49

>私は、「うまくやっていきたい友人(友好国)だからこそ率直に言うぞ」、みたいなスピーチだと思います

中国でさえ、そういったことは外交官を通して行います。

大統領が言っているのは戦後の日本が行ってきた韓国への友好政策を無に等しいと評価したのと同じです。

友好を目指すなら明るい未来を歌い上げるべきで、日韓の友好関係を構築してきた人々を失望させたと思います。

投稿: むにゅう | 2005/03/03 21:19:23

むにゅうさん、
(失望というより)受け入れにくさを感じた人がいることは想像に難くありません。あなたの解釈も含めて、それらが過剰反応であるというのが私の主張です。
http://plaza.rakuten.co.jp/munyu/ がむにゅうさんでしょうか。もしそうなら、考え方や話の組み立て方の面で、あなたと私は建設的な議論ができそうにないと思います。更に意見があれば、コメントではなくトラックバックでお寄せください。

投稿: うに | 2005/03/04 1:07:26

>それらが過剰反応であるというのが私の主張です。

中国でさえ、日本への批判は外交ルートを通して行います。
韓国大統領が行った演説は、外交儀礼を踏みにじった非常に無礼なものです。

>考え方や話の組み立て方の面で、あなたと私は建設的な議論ができそうにないと思います。
こういったことを本気で公表すると知性が足りないと思われますよ。
建設的な議論とは、考え方や話の組み立て方とは無関係に行えるものです。

投稿: むにゅう | 2005/03/04 23:36:24

>むにゅうさん
>知性が足りないと思われますよ。

自分には知性がある。と言い切れる人は思い上がった厚顔無恥です。

>建設的な議論とは、考え方や話の組み立て方とは無関係に行えるものです。

これはそのとおり。しかし議論は強制されてするものではなく、自由意思でするものです。うにさんはあなたとは議論したくないとおっしゃっている。よってあなたは「ああ、そうですか」と引き下がればよいだけのことです。相手が望まなければ、議論をする必要はないのですよ。
自分の意見を相手に押し付けてはいけませんし、そんなことをする必要はどこにもありません。だいいち、意見が異なるあなたにとっては、「うにさんのような考えもあるのだ」ということを知って得をしているではありませんか。

投稿: めにゅう | 2005/03/05 0:07:36

むにゅうさん、

私に知性が足りないというのは、当っているでしょう。

私に「議論ができない」と感じさせるのは(つまり、私を躊躇させるあなたの考え方や話の組み立て方は)、あなたの過剰に定言的な表現です。もし私が溢れるばかりの知性を持っていたならば、それを障害としては認めず、あなたと話をしようと私は考えるでしょう。残念ながら、私はそういう人間ではありません。めにゅうさんが書いてくださったように、私はあなたと議論をする意欲が持てないのです。

昨日のコメントで、私は「更に意見があれば、コメントではなくトラックバックでお寄せください」と伝えました。あなたにこれ以上コメントを書いてほしくないという意味です。ご理解ください。

投稿: うに | 2005/03/05 0:42:43

盧武鉉大統領の演説は韓国国内でも懐疑的に見られていることは事実ですよ。

朝鮮日報 3/2 社説「賠償要求」は意味不明
http://japanese.joins.com/html/2005/0302/20050302181656100.html

朝鮮日報 3/1 日本にまた賠償を要求するのか
http://japanese.joins.com/html/2005/0301/20050301200844100.html

個人的には盧武鉉大統領が行政都市特別法などの失政をごまかすため、反日を利用しているだけと感じました。

日本政府が「国内向け」と取り合わない姿勢は賢明だと思います。
あの演説を問題視をすることは、韓国に対して余計な感情を引き起こすだけで何も良いことはありません。

投稿: ねむねむ・・・ | 2005/03/05 4:01:45

ねむねむ・・・さん、

韓国内にいろいろな意見があるのはもっともだと思います。中央日報とは逆の立場の意見で、日本がどう反応するかに注目するという趣旨の社説をハンギョレが載せています。私の意見に極めて近いです。

英訳(私が読んだもの)
http://www.hani.co.kr/section-001100000/2005/03/001100000200503020721001.html

韓国語原文(たぶん)
http://www.hani.co.kr/section-001001000/2005/03/001001000200503011843249.html

投稿: うに | 2005/03/05 6:11:53

記事を見ましたが、内容自体は朝鮮日報のトーンと良く似ていますね。

「友情年」にヒビ入った韓日関係
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2005/03/01/20050301000057.html

この演説で私が感じた不信感というのは、韓国政府はここまでのことを行うから、日本政府はこのような協力をしてほしいという内容ではなかったことです。

日韓基本条約の取り決めで、韓国人個人への賠償は韓国政府が行うことになりました。
だから、韓国人個人への賠償は韓国政府が行う責任があります。

しかし、韓国政府は自分たちの役割を提示しないまま、あいまいな言葉で日本への賠償を求めています。

このようなことを繰り返していては、いつまでたっても韓国の評価は二流国のままです。

日韓基本条約で韓国人個人への保障は韓国が行うと明言したのに、今になって出来ませんでしたなどと言うのでは、韓国政府の行政能力はゼロなんです。と言っているようなものではないですか。

先日、日韓基本条約を公開したのは、韓国政府が責任を持って賠償問題を解決するためかと思ったら、また日本にたかるための政治工作に過ぎなかったのかと思うととても残念です。

いまは交渉相手が日本だからいいですけど、これから韓国が成長していけば、中国やアメリカとの交渉も増えることでしょう。
こんな非常識な外交を繰り広げていて、韓国政府がとんでもない失敗をしないかとても心配です。

投稿: ねむねむ | 2005/03/05 13:45:33

私は、全体の印象は一定の政府の自己批判を含みつつ、反日意識を煽らずに日本への配慮を含ませた、感情的には好ましい語り口の演説だと思いました。

しかし
>国民への実質的な約束もなく日本への具体的な糾弾も含まれていない

と、うにさんおっしゃるように具体性に欠けた曖昧で紛らわしい表現が多いことが問題だと考えます。この意味ではねむねむさんおっしゃる

>韓国政府はここまでのことを行うから、日本政府はこのような協力をしてほしいという内容ではなかったことです。

と、不満を感じていらっしゃることに同意します。国のトップは、あとでいかようにも転用できるよう、発言が具体性に欠けがちですが、それにしてもこれではスパイラルに陥ってしまうのではないか、と思うのです。
すべては相手次第だと言わんばかりに、ゲタを日本へ一方的に預けてしまうのは韓国民にとっても納得しがたいことではないでしょうか。

投稿: めにゅう | 2005/03/05 14:33:26

今回の大統領演説の失敗は2点になると思うのです。

1つは、韓国政府に賠償責任があるのに、その責任を果たす前から、日本に助けを求めていること。(韓国政府は行政能力がないと露呈してしまっている。)

2つは、韓国政府は国際条約を遵守する責任感を持っていないと思われても仕方のない発言をしてしまったこと。
(これでは、誰が韓国政府と真面目に外交交渉をするつもりになれるでしょう。)

盧大統領は政治的なパフォーマンスが多い人ですが、今回の勇み足は韓国にとって大失敗としか思えないのです。
(唯一の救いは、日本の政府、マスコミが「国内向け」と理解してくれて、大々的な報道をしなかったことです。)

せっかく、日韓の関係が良好になってきているのに、このような中身のない発言で日本側を挑発することは控えてもらいたいです。

まず、韓国政府がどこまでできるかを示さなければならないのに、どうして、韓国政府は日本からの自立がいつまでたってもできないのだろうと苛立つことがしきりで困ってます。

とにかく民間レベルでの友好が深まっているのですから、政府が足を引っ張ることないように切望しています。

投稿: ねむねむ | 2005/03/05 17:52:31

それから、韓国政府が知性に訴える相手は日本ではなく北朝鮮だと思います。

日本に対しては雄弁な盧大統領ですが、北朝鮮に対しては借りてきた猫のようにおとなしくて、そういう相手を選んで態度を変える韓国政府の外交態度も腹立たしいです。

私からも盧大統領の知性に訴えたいです。

「あなたの国にとって、本当に脅威となるべき国はどこですか?その脅威と戦うときに必要不可欠な協力者は誰ですか?」

とにかく、3/1のような大事な日に、こんな意味のない発言をして、韓国の信頼を捨ててしまっている盧大統領の任期が早く終わってほしいです。逮捕でもかまいませんから。

投稿: ねむねむ | 2005/03/05 18:02:44

私の記事の書き方が悪かったのを痛感しますが、私が行ないたかったのは、盧大統領の演説に対して肯定的なり否定的なりの評価を下すことではなくて、否定的に傾いている言説(例えば小泉首相の発言、朝日などの主張、そしてねむねむさんを含め多くの人たちの声)に対するメタな発言なのです。メタな議論の部分をほとんど含意のような形で書いてしまったことで、そのレベルでの発言をするための基礎として必要となる私なりの演説そのものに対する評価が表に立ってしまいました。そのため、いただいたコメントは私の意図と異なり演説自体の評価に強く関わるものが多くなってしまいました。演説自体を扱うレベル(この「レベル」という語が価値の高低を意味するものではなく、記述対象のタイプを指示していることにご注意ください)の議論をするつもりでコメント欄を開いているわけではないことをご理解ください。確かに記述レベルを混同せずに語るのは難しいと思います(私の記事の書き方の失敗がそれを物語っています)が…

誤解を招く可能性を認識しつつ簡潔に言うと、「政治評論を行なうつもりはない」ということです。そして、コメントをお書きになる方々にも政治解説を行なってほしくはありません。

もう一点。ねむねむさんや、これからここに書き込んでくださるかもしれない方々にお願いします。私は自分の主張を伝えるためにこのブログに出資しています。自分以外のだれの考えを世に広めるためにお金を払っているわけでもありません(世知辛い話で恐縮です)。幸いなことに、私たちの社会は自由な言論を誇っています。そして言論を世に出す機会も潤沢に用意されています。どうか私のブログのコメント欄を、自分の意見を強く長く主張するために用いないでください。よろしくお願いします。

投稿: うに | 2005/03/06 15:06:49

管理人様、どうやら不快な思いをさせてしまったようですね。
まことに申し訳ありませんでした。

ただ、(私の勝手な思い込みですが)ねむねむさんの思いは

>民間レベルでの友好が深まっているのですから、政府が足を引っ張ることないように切望しています。

という発言に集約されているのではないかと思いました。日韓がまともに交流する時代になってほしい・・いささか過激な言質(失礼)を包含しつつも、端々にその真摯な思いが窺え、それが演説内容への苛立ちや不満となって表出したのでは、と感じたのです。

互いによき隣人として当たり前の付き合いができるといいな・・

私はそう思います。では。


投稿: めにゅう | 2005/03/06 18:17:40

こんばんは。

いろいろと勝手なことを書いてしまって失礼しました。

ただ、やっと日本と韓国が対等の友人として未来に向かってスタートができはじめているのに、また、韓国政府が過去の話を政治利用としていることに憤りを感じています。

韓国の人との交流が進むにつれて、多くの韓国人が日本について誤解(偏見)を持っていることもわかりました。(もちろん、日本人も韓国に対して偏見を持っている部分があると思います。)

私たちが行っていかなければならないのは、このような偏見を取り払うことだと思います。

今回、韓国の大統領がお互いの国の偏見を増長させるような発現をしたことに強い憤りを感じて厳しい批判となってしまいました。

韓国政府は今度は日韓友好行事の中止を計画しているようです。こんなことをしても不信感しか生み出さないと思うのですけどね・・・。はぁ・・・。

投稿: ねむねむ | 2005/03/06 20:36:14

コメントを書く