« エリ・ヴィーゼルの国連スピーチ | トップページ | 拝啓 知的財産戦略本部様 »

2005.01.27

北朝鮮と人権

Time to Act on North Korea ― チェコ共和国の前大統領 Vaclav Havel さんが2004年6月18日にワシントン・ポスト紙に書いた論説。北朝鮮のキム・ジョンイル政権による大規模な人権弾圧を見過ごすのは、ナチスの強制収容所やソ連のグラーグを見て見ぬふりをするようなものだとし、EU、アメリカ、日本、韓国が強い姿勢で北朝鮮に人権の尊重を求めて対峙するべきだと論じている。

拉致問題を扱う電脳補完録というサイトに日本語訳があるのを見つけたが、残念ながら誤訳が目立つ(右寄りのイデオロギーによる意図的な誤訳ではなく、単に訳者の力量の問題だと思う)。

ハベルさんの意見は至極もっともだと思う。日本に関して考えた時、問題は二つある。一つは植民地支配の問題をちゃんと清算しなかったため、日本発の言動が説得力を持たなくなってしまっていること。もう一つは、ここ数年、論議される事象自体が拉致問題に矮小化されてしまっていること。拉致の問題性を十分に認識した上でも、拉致被害者と引き替えのように経済制裁を行なうというのでは、北朝鮮における広汎な人権侵害という問題全体の解決に結びつく見込みはない。

北朝鮮をめぐる言説を反動的な民族主義者に独占させるのは、無関心でいるのと同じように、多くの人を見殺しにすることにつながりかねない。声をあげよう。

今までに北朝鮮関係、経済制裁関係で書いた記事:

2005年 1月 27日 午前 12:43 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮と人権:

コメント

突然の書き込み、失礼します。
昨日、拉致被害者家族会が「経済制裁なぜ発動せぬ」等の質問状を首相に提出されました。
日朝交渉の行き詰まりの最大の原因は、日本政府の横田めぐみさんの遺骨の偽もの
断定と北朝鮮の反発だと推察されます。しかし、日本国内でネイチャー等の日本政府
への批判を知る人は、フリージャーナリスト山岡俊介氏の5月30日<警視庁幹部に栄

していた、北朝鮮提供の横田めぐみさん遺骨鑑定講師●米科学雑誌『ネイチャー』が
遺骨がニセモノという科学的根拠はないと報道
知っている人は、とっくに知っている話なのだろう。だが、恥ずかしい話だが、本紙
は気づいていなかった。ある雑誌を見ていて、昨晩、偶然、気づいた次第だ>にある
とおり、未だごく少数のようです。
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/05/post_30e3.html

日本政府による 横田めぐみ氏 遺骨DNA鑑定結果 捏造問題 北朝鮮脅威論を、
日本軍国化のため「国民洗脳」に利用 第162回国会 外務委員会 第4号(平成
17年3月30日(水曜日))
http://atfox.hp.infoseek.co.jp/xfile/korea/yokotamegumi_dna.htm

拉致被害者に関するDNA鑑定と疑惑 インターナショナル・ヘラルド・トリビューン
http://www.higashi-nagasaki.com/e_pub/EE2005_06_z01_03.html

投稿: なるほど | 2005/08/25 19:06:35

遺骨鑑定への疑義に関しては、過去にちょこっと書いた記憶があったので、調べたところ、以下の記事に本当にちょこっと書いていました。
http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/2005/04/post_4.html

投稿: うに | 2005/08/25 21:33:01

うに様、コメント有難うございます。そちらは事前に拝読させて頂いております。昨日はイラク原告の全国一斉ビラ配りにも行ってまいりました。「なるほど」の移動範囲内でできることはやってまいります。お忙しい中、恐縮でございますが、情報紙「ストレイ・ドッグ」(山岡俊介取材メモ)<記事解説> NHK、「『月刊現代』記事を見ても、番組改変を裏づける証言見当たらない」
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/08/nhk.html
にNHK番組政治介入問題(というか朝日の謝罪)と横田めぐみさんの遺骨鑑定問題はリンクして考えた方が良い、という趣旨のコメントを致しましたので、リンクを辿りつつ読んで頂けますと幸いでございます。

投稿: なるほど | 2005/08/30 3:16:51

「すべての情報の公開を ――横田めぐみさん遺骨鑑定問題――」野田峯雄の最新の文章、9月2日『週刊金曜日』安保利権を狙う超党派の新国防族(野田峯雄)もちろん今回の選挙では郵政民営化だけが
http://www.iwanami.co.jp/sekai/2005/08/236.html
争点ではない。小泉政権下では、長年の自民党悲願であった有事法
制が成立し、軍事大国化が進んできたことを忘れてはいけない>から遺骨鑑定疑惑が、消えておりました。
http://blog.mag2.com/m/log/0000140118/106371150?page=1#106371150
http://straydog.way-nifty.com/yamaokashunsuke/2005/08/nhk.html
これは予測していたことですので、遺骨鑑定疑惑ビラを数パターンhttp://blog.mag2.com/m/log/0000098815/106335310?page=1#106335310
(約1300枚)+表紙が「みなさん。これが わたしのすむ日本というくにが さんせいしている、せんそうです」のヘッダーに『DAYS JAPAN』創刊号のクラスター爆弾で重傷を負った女の子の
http://www.daysjapan.net/dj/bkmn/200404.html
写真を中心にしたイラク自衛隊差止め訴訟のビラ(約650枚)を極力「セット」になるようにし、一応、配ってみました。セットにして配る馬鹿はあまりいませんが・・・

投稿: なるほど | 2005/09/04 20:02:29

コメントを書く