« ゲットー | トップページ | 図書館と啓発 »

2004.12.09

ムサンナ県の給水事情と自衛隊の撤退

自衛隊がサマワで行なっている給水について、5月19日の参議院イラク人道復興支援活動等及び武力攻撃事態等への対処に関する特別委員会で、自衛隊と ACTED が行なっている給水活動を比較した大田昌秀議員の質問に対し、石破茂防衛庁長官(当時)はこう答えています:

それは先生、比較すること自体が無理なのでございまして、フランスのNGOがやっているのは、今も経済協力局長から答弁がございましたが、これは給水をやっているわけであって、浄水をやっているわけではございません。彼ら自身が水をきれいにするという行為をやっているわけではない。彼らがやっておるのは水を配るという行為をやっているわけですね。その水が一体どのような性質のものであるのか、それは私どもうかがい知るところではございません。

給水だけでなく浄水をやっている自衛隊にはイラクに駐留する意義がある、という主張です。しかし、その後の半年間で状況は大きく変わりました。6月以降、外務省のODA草の根・人間の安全保障無償資金協力で、7基の浄水器がムサンナ県に供与され、設置工事が行なわれています(外務省の報道資料朝雲新聞社のニュース記事)。

上記外務省資料では、供与される逆浸透膜式浄水装置(通称:ROユニット)の性能は毎時4トンとされています。24時間稼働すれば、一日の浄水供給量は96トンになり、7基では毎日672トンの安全な水が供給できることになります。この数字は、現在の自衛隊の一日の最大給水量280トンを遥かに上回っています。自衛隊のサマワ駐留の実質的な意義は既になくなったと言ってよいと思います。

自衛隊は給水のほかに道路や学校の補修と医療支援を行なっています。どちらも、実績がしっかりと報告されていないように思えます。補修工事に関しては、毎日約600人を雇用しているという数字が、防衛庁に近い朝雲新聞社の9月の記事にありました。今、自衛隊員自身が行なっている作業が地元に移管されれば、雇用はもっと増えるでしょう。医療は、指導が中心のようですが、何が行なわれているか、はっきりとは分かりません。

日本政府は派兵期間を延長すべきではありません。もし延長するのであれば、「歓迎されている」「感謝されている」といった大まかな言葉だけではなく、それが必要とされる具体的な根拠、それが効果的であるという数値的な裏付けをしっかりと示すべきではないでしょうか。

2004年 12月 9日 午前 12:00 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムサンナ県の給水事情と自衛隊の撤退:

» 【イラク・北朝鮮】イラクの自衛隊は、アメリカへの人質か? トラックバック 改善案まにあ
横田めぐみさんの「遺骨」が偽物だったと報道された翌日に、自衛隊の派遣延長を発表する。 「北朝鮮の問題があるから... 続きを読む

受信: 2004/12/09 22:42:38

» やっぱり派遣延長なのね。 トラックバック 平和はお好きですか? KEN-NYE's essey
ま、出来レースであって分かり切ったことではあるけどさ。 イラク派遣一年延長を決定 ちょうど一年前なんですよね。自衛隊がイラクで活動する基本計画が閣議決定されたの... 続きを読む

受信: 2004/12/10 0:14:11

» 【緊急】イラク派兵延長等、閣議決定に反対する。 トラックバック 岩清水日記
どうして閣議決定でこんなことができるのか。 内閣総理大臣にこんな権限を与えてしまったのか。 今年の5月以降、何も聞かない男になっている。 イエスマンしか身近に置... 続きを読む

受信: 2004/12/14 23:11:10

コメント

昨年6月からサマーワの自衛隊員と電話で結んで毎週一回話しています。直接お話しすると皆さんの疑問に思われていることがはっきりしてきます。ところで、この放送は北海道・東北26局のFMラジオでネットしてますが、関東・関西・東京方面は話題が自衛隊と言うと毛嫌いして、ネットに加わらないか、放送するのに値段を言ってきますね。今放送はボランテァでしていますが、そういったことには全く興味が無いみたいです。どうでしょう?もし、お話している方で心底、真実を知りたいと思う方がいらっしゃるのなら、自分の地域のFM放送局へ行って北海道のラジオ・カロスからインタビューの内容をダウンロードできるように働きかけては?人任せにして自分で行動しなければ、ただの井戸端会議で、人を批判する資格など無いと思うのですが如何でしょう?少なくとも私は事実が知りたくてクウェートまで行ってきましたよ。そこまでしろとは言いませんが、地元のFM局へ行くくらいは、何人の方がここでお話しているか知りませんが一人くらいはいてもよさそうなものですが!

投稿: サマーワからこんにちは | 2005/02/14 7:27:15

神慶興さん、コメントありがとうございました。

投稿者欄のリンク先を見ると、サマワの自衛隊はお風呂はなくて、シャワーだけなのですね。それでもちょっと水を使いすぎのように見えます。機会があれば、電話で聞いてみてください(下記リンク参照)。
http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/2004/12/post_3.html

地域のFM局に働きかける等は、どんな番組であるか納得ができた上でやるのでなくては無責任になってしまいます。残念ながら投稿者欄のURLおよび「ラジオカロスサッポロ」のサイトからは、十分な情報を得ることができませんでした。(航空自衛隊がアメリカ軍基地の中にいるというのは知りませんでした。勉強になりました。)

イラク派兵にあたって、私の祈りは「殺すな、殺されるな」でした。今もそれは変わりません。殺さず、殺されずに済んできたことに安堵しています。早く帰れるといいですね。

投稿: うに | 2005/02/14 9:54:33

コメントを書く