« サマワの大学生たち | トップページ | ハンガリー兵、イラクを去る »

2004.12.21

キング牧師とその娘

Daughter misses point of King's legacyWorking for Change に掲載された Byron Williams さんの意見。マーチン・ルーサー・キング Jr. 牧師の末娘 Bernice King さんがアトランタで同性間結婚反対の集会を開いたことを批判している。

キング牧師を我田引水的に引用することによって人種差別等の不正義を正当化するような試みはよく見られるが、キング牧師の娘が同性婚反対という憎しみを助長する運動に父の権威を借りるのは非常に残念だとウィリアムズさんは言う。

ゲイやレズビアン、トランスジェンダーの人たちが払う税金がヘテロセクシャルな人たちのみが享受できるサービスに使われるのは歴とした差別であり、また、キング牧師の生前の言動から、彼がもし今生きていたら同性婚に反対する立場を取ったとは考えられないとし、キング牧師の「バーミンガムの監獄からの手紙」を引用している:

だから、問題はわれわれが過激派になるべきか否かということではなく、どんな過激派になるかということなのだ。われわれは憎しみを掲げる過激派となるのか、愛を掲げる過激派となるのか?われわれは不正義を護るための過激派となるのか、正義を拡げるための過激派になるのか?

この手紙の中でキング牧師は次のようにも述べている。この手紙が書かれてから40年が経った今、この言葉は、より強く私たちに語りかけるように思う:

私はバーミンガムで起こっていることに注意を払わずにアトランタでゆったりと座っていることはできない。どこで行なわれている不正義も、すべての場所での正義への脅威であるのだ。われわれは相互性の網目の中に封じ込まれており、一つの運命の衣に結ばれている。一人に直接影響を与えるものは何でも、みんなに間接的に影響を与えるのだ。われわれはもう、地域的な「よそ者による扇動」などという狭い概念に捉えられてはならない。

2004年 12月 21日 午前 12:08 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/2327773

この記事へのトラックバック一覧です: キング牧師とその娘:

» 【快挙!】『レインボーマーチ札幌』を今年も歓迎する札幌市 トラックバック 反米嫌日戦線 LIVE and LET DIE(三流偏向不公正独断蝦夷自分趣味)
[レインボーマーチ札幌]:http://www.rainbowmarch.org/ は今年で8回目を迎えた、 [LGBT]:http://asuka-t.cool.ne.jp/sexuality/glossary.html#l がド派手なファッションで、ポップに飾り立てたトラックを先頭 続きを読む

受信: 2004/12/22 4:43:32

» マーティン・ルーサー・キング・デーをこんな時こそもう一度考えてみたいの巻 トラックバック ユキノヒノシマウマ
アメリカでは、マーティン・ルーサー・キングの誕生日1月15日に近い、第3月曜日... 続きを読む

受信: 2005/01/08 4:10:52

» 自由という名の雨を降らせよう トラックバック 脅威なき迷宮ブログ編
 時々「英語を勉強しなきゃ」っていう発作が出て、何年か前にMDを買いましたが、MDが壊れてからはさぼりっぱなしでした。でも時代はMDからipodに!  そんなわけで先月ipod nanoを購入して、また英語の勉強をしています。ipodいいですね。数日間、オモチャをいじる... 続きを読む

受信: 2005/11/10 23:30:49

コメント

 コメントをありがとうございました。

 たまたま「キング牧師の娘」で検索させて頂いたのですが、論説の冷静で知的なスタンスに共感しました。
 
 これからじっくり読ませてもらいます。

投稿: kencyon | 2005/11/10 23:58:39

コメントを書く