« 動き出した著作権保護期間見直し | トップページ | サマワの水 »

2004.12.03

延長反対のバナーを作ってみた

とりあえず、著作権保護期間延長反対のバナーを作ってみました。なんとも素人っぽいし、オリジナリティが感じられませんが。png 画像、165 x 50 ピクセル、約8k です。ちょっと左右の幅が大きすぎるかもしれません。背景を透明化したら IE でなぜかうまく表示できなくなってしまったので、白背景です(透明版もこちらに置きます)。よろしかったらコピーしてお使いください。(Creative Commons 風に言うとどういう扱いにしたらいいのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃいましたら、お教えください。) 

だれかが作ってくれる、もっとクールなバナーに貼り替える日の近いことを祈りつつ、このブログの左コラム下に貼り付けます。

あ、そうだ、自衛隊派遣のほうも「延長反対」を言わなくてはいけませんね。昨日の毎日新聞にイラク意見広告が掲載されました。まだ募金が目標金額に届いておらず、イラク派兵の期限日、12月14日まで募金を継続するそうです。

2004年 12月 3日 午前 02:09 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/2137226

この記事へのトラックバック一覧です: 延長反対のバナーを作ってみた:

» 著作権保護期間の70年延長に反対 トラックバック bookcharm
青空文庫が声明を出した。(はてなの杖日記より) トップページの反対バナーは配布しないのかな。おいらも貼りたい。 追記。 青空文庫の掲示板「みずたまり」で問い合わ... 続きを読む

受信: 2005/01/03 1:39:53

» ネット裏の攻防4回表ぐらい?【COPYRIGHT】 トラックバック f.e.r
今日、2月17日は坂口安吾が亡くなった日です。 それは1955年のこと。 そう、死後50年経ったわけです。 ということは、もちろん来年の2006年1月1日より、... 続きを読む

受信: 2005/02/17 18:46:03

コメント

貰っていきます(^^
派遣延長のも同じ感じでできたらお願いします<自分で作れ?えっ!!

投稿: DoX | 2004/12/03 10:42:41

Creative Commons 風にするなら、とりあえず by または by-sa にしておいて、但し書きで「クレジットは不要」または「クレジット代わりに〇〇へリンクしてください」とかにするのがいいと思うのですが、どうでしょう。

投稿: Spiegel | 2004/12/03 16:11:28

DoX さん、派遣延長反対のバナー作って~。

Spiegel さん、CCPL の説明ありがとうございます。帰属の明記も求めないとすると、Public Domain にすればいいのでしょうか。もう少し勉強してみます。

富田さん(一つ前の記事へのコメント)、バナーを使ってくださってありがとうございます。もっといいのを作ってくれる人が現われるといいのですが… いばらの道ですが、力を合わせて行きましょう!

投稿: うに | 2004/12/04 7:27:23

自分が借りているblogは、著作権の認識に関してどうも危ういのではありますが、バナーを貼って、様子を見てみます。(考え過ぎ?)

DoXさん、はじめまして。もしかして、北国tvのDoXさんですか?時々拝見しています。もし別人でしたら、ごめんなさい。

Spiegelさん、はじめまして。「クリエイティブ・コモンズについて」の頁、今も勉強させていただいてます。

投稿: Juki | 2004/12/04 22:55:45

早速貼ってみました。

「ミッキーマウス 独占インタビュー
囚われの齧歯類、著作権延長裁判を語る。」
http://ittousai.org/mickeyclubbed.html
面白いですね。

投稿: Rough Tone | 2004/12/06 22:10:25

Rough Tone さん、バナーを貼ってくださり、ありがとうございました。バナーの上の SOLIDARITY という語に感動してしまいました。本当にありがとう。

Juki さん、そう、北国の DoX さんです。

投稿: うに | 2004/12/07 0:16:33

はじめまして。
青空の読者として、バナーを頂いていきます。

そうそう、IE では透過PNG は透過しないんですよ。
AlphaImageLoader Filter などを使って処理しないといけないんです。

投稿: michiyo | 2004/12/12 22:14:50

どうもはじめまして。蒋龍と申します。
早速バナーをいただきました。HPに貼ってます。
以前私もPNGの透過がうまくいかずいろいろと試したことがありますが、どうも一度減色してから透過させるとうまく透過されるようです。今私のHPに貼ってあるバナーも減色処理をしているので、おそらくきちんと透過できていると思われますが、どうでしょうか。

投稿: 蒋龍 | 2005/01/01 18:08:43

バナーを張っているサイトの一覧を掲載しました。他に情報があれば、お寄せください。

投稿: ゼファー生 | 2005/01/04 0:54:38

バナーを拝借して、当サイトに貼りました。
私の考えは、バナーにリンクして記載しております。その末尾にこちらをリンクしてありますので、ご了解をお願いします。

投稿: ちえま | 2005/01/06 11:04:35

「延長反対」のバナーを私のwebにも貼らせていただきました。レッシグ教授の「コモンズ」や、JASRACの主張を学んで得た結論は「バナーを貼ろう」でした。バナーを作っていただいたことに感謝!

投稿: なかにし あっか | 2005/01/29 6:11:35

著作権の延長反対に反対の立場を取らせていただいているものです。

著作権とは単なる財産権だけのことではありません。著作権法がその著作物に対する出版権などを著作者の没後と定めているのはけして「著作者の子孫に不労所得を与えるため」では無いからです。もちろん、著作権の延長問題が主に経済的側面から議論されている事は否定しませんが、著作者当人の気持ちを慮れば、70年でも短いのではないかと考える次第です。

99本の駄作と1本の不屈の名作を残した作家が仮にいたと思ってください。当然99本は初版で絶版です。残りの1本だけが再版され流通することでしょう。(必ずしも名作が売れるというわけではありませんが)

極端なことをいえば--必ずしも極端だとも思いませんが--ポルノ小説を書いて若きころの生計を立てていた作家が、ある日本格的な小説でデビューしたとしましょう。本格デビュー後は以前のポルノ小説は絶版にしてほしいと本人は望むかもしれません。(望まないかもしれませんが)

こういった意志は本人の存命中はもちろんのこと、その本人を直接見知っている第三者が存命中は本人の意志を守るべきではないでしょうか?

単に商業的な話で異を唱えているのではありません。著作権法が成立した時とメディアの有り様が変わったのだから、法も変わるべきだと思うのです。

青空文庫のようなプロジェクトは貴重なものだとは思いますが、それは法律がどうあれ著作者の意に反した公開ではいけないと思います。

投稿: masuda | 2006/08/14 8:48:34

masuda さん、コメントありがとうございます。

私が今年の6月15日に書いた記事が、いただいたご意見への私なりの反論(広汎な説得力を持つものでないことは自覚しています)のようなものにあたると思います。もしよろしければ、併せてお読みください。
http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_cead.html

投稿: うに | 2006/08/14 10:03:54

こんにちは。このバナー、gifで書き出せば透明化すると思います。(^^?メールで送らせていただきますね。

投稿: winter-cosmos | 2006/08/14 18:58:14

winter-cosmos さん、ありがとうございました。メールでお送りいただいた画像を以下のところにアップロードしておきました。

透明化GIF
http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/images/tyosakuken_70.gif
アニメーションGIF
http://eunheui.cocolog-nifty.com/blog/images/banner_niji2.gif

たぶん、そこからのリンクでこの記事を目にしたかたが多いのではないかと思いますが、先月、富田倫生さんが aozora blog に「読売新聞に教えてやろう!」という記事を書いていらっしゃいます。リンクを張っておきます。
http://www.siesta.co.jp/aozora/archives/002765.html

投稿: うに | 2006/08/14 20:18:47

コメントを書く