« 武器輸出三原則と安保防衛懇の報告書について | トップページ | 僕が64歳になっても »

2004.10.07

地下鉄開通を祝う日

明るい話題を(と思いつつ、結末はかなり暗くなってしまいました)。

私の職場の前を通る地下鉄の新区間が昨日、開通しました。名古屋市営地下鉄名城線です。東京の山手線や大阪の環状線みたいにぐるぐる回る形になって、「全国初の地下鉄による環状運転」だそうです。最初にどういうふうに車両を入れたのか、二重に不思議ですよね。

去年の暮れに職場の真ん前までの区間が開通して、とても便利になったのですが、その先もできたことで、仕事帰りにいろいろなところにいくのが本当に楽になりました。通っている病院とか、「だるまさんがころんだ」を見に行った劇場とか、辺野古の基地建設阻止運動報告会の会場とか、ぐんと近くなります。

逆に、今まで走っていたバス路線が廃止になって、駅まで歩かなければならなくなったため、不便になったと感じる人もいるのかもしれません。また、私が名古屋に来る前のことですが、建設工事に反対する沿線住民も多かったと聞いています。騒音とか振動とか問題が出ていないといいのですが。

ちなみに、二年ほど前、私の住んでいる部屋(一階です)の真下に高速道路が通りました。トンネル工事中は朝寝坊をしているとドリルの騒音でたたき起こされたりしたので、開通後にどうなるか心配していたのですが、幸いなことに(私が鈍感なだけかもしれませんが)全く気になりません。(あるいは、私がうつ病になったことと何か因果関係があるのかしら。だとしたら、私の心と体は本人の自覚より遥かに繊細だったということになります。うーむ、まず違うでしょう。)

これらのことは、もう少し様子を見てみないと評価が決められないのかもしれません。でも、廃止される予定だったバス路線が市民の力で復活したという話もあるし、前向きにとらえたいです。(私は、自分にとって便利になったから、利己的に、いいほうに解釈しようとしているのかもしれません。ちょっと気をつけなくては。)

さて、私の職場では、「10月6日、水曜日」という、なんとも中途半端な日に営業開始になったものだと、ひとしきり話題になりました。式典が行なわれた一昨日(2004年10月5日)が大安だったから? 信じたくないなあ。しかし、調べたところ、前回の区間開通の時も開業前日の式典の日(2003年12月12日)が大安でした。その前の区間開通の前日(2000年1月18日)も。偶然だと思いたかったですけど、私にはちょっと無理でした。大安だ仏滅だなんて迷信に自治体が惑わされてなるものですか! そういう迷信が差別を持続させてしまったりするのだから(リンク先は名古屋市の人権問題関連のページ)。

(最後の部分、もう少し自分の気持ちと考えを整理して、稿を改めるつもりです。) 

2004年 10月 7日 午前 12:01 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地下鉄開通を祝う日:

» 地下鉄初の環状運転開始 名古屋市営の名城線 トラックバック 再度アクセスして下さい
国内の地下鉄では初の環状運転が6日、名古屋市営地下鉄名城線で始まった。全線26.4キロで「左回り」も「右回り」も48分で1周する。 続きを読む

受信: 2004/10/07 1:31:45

» 環状運転 トラックバック TEAROOM☆NAOKO -ANNEX-
名古屋市営地下鉄名城線の名古屋大学-新瑞橋間が開通、全国初の地下鉄の環状運転が始まりました。 続きを読む

受信: 2004/10/08 1:25:33

コメント

コメントを書く