« 新潟の地震 | トップページ | 青空文庫新着情報RSSが休載 »

2004.10.26

石原慎太郎の算数と国語

「フランス語は数を勘定できない言葉だから国際語として失格しているのも、むべなるかなという気がする。そういうものにしがみついている手合いが反対のための反対をしている。笑止千万だ」

東京都立大を解体し「首都大学東京」を新たに設置する動きの中で、都立大でフランス文学を担当する教員の間に批判が多いことに関して、石原慎太郎東京都知事が述べた言葉(毎日新聞の記事)。全国国公私立大学の事件情報ブログで知った。

全くもって意味不明である。 「フランス語は数を勘定できない」とは?"Soixante-dix" (70 = "60" + "10") とか "quatre-vingts" (80 = "4" x "20")といった語の形態論がお気に召さないのだろうか? 一応、算術的には合っているのだから、おかしいと言うのなら、彼には小学校の算数の復習が必要なのかもしれない。

そもそも、ある言語で数の数え方が変だなどと言うのだったら、日本古来の日本語では 10 までしか数えられないではないか。(「ひとつ、ふたつ、…、とお」。その後は中国語から輸入した語に委ねられる。)国粋主義者の石原はそのことをどう思っているのだろう(「こんな子どもじみた発言をする政治家がいるのも、むべなるかな。笑止千万である」とか?)。もちろん、日本語が“国際語”になったことも、なることもないだろうから、関係ないと考えているのかもしれない。

リベラシオンルモンドを検索して、この発言が取り上げられていないのを見、ほっとした。

全国国公私立大学の事件情報ブログと、そこで見つけた hongming さんのブログ(青空文庫つながりですね)にトラックバックを送りました。 

2004年 10月 26日 午前 12:31 | | この月のアーカイブへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12988/1774677

この記事へのトラックバック一覧です: 石原慎太郎の算数と国語:

» 石原、浜渦を更迭へ トラックバック dadada
浜渦副知事辞任へ 知事、事実上の更迭 石原都知事が、都庁を牛耳ってきたと言われる浜渦副知事の、事実上の更迭を決めた。 これにより、百条委員会を巡る混乱は一応終熄に向かうのだろう。都議選に向けて、与党と知事の関係が急速に改善されるのかも知れない。 全... 続きを読む

受信: 2005/05/31 2:01:44

コメント

 トラックバックありがとうございます。
 実はまだBLOGというものの仕組みがよくわかっていなくて、こうしてつながっていくものらしいと、漠然と理解しつつあります。
 
 石原発言がフランス紙で取り上げられていないのは、私としては残念です。

投稿: hongming | 2004/10/26 21:07:33

はじめまして。
自分は、Le MondeやLiberationとまではいかなくとも、Canal enchaineあたりに、ぜひ取り上げて欲しかったですね。 はずかしいですけど、事実は事実として。

投稿: T | 2005/01/04 21:40:15

内田樹さんのblogによりますと、抗議した人がいるそうです。
http://blog.tatsuru.com/archives/000826.php

既知のことでしたら、すみません。

投稿: kotobakotoba | 2005/03/07 12:04:47

kotobakotobaさん、ありがとうございました。

お知らせいただいた情報をもとに検索してみたら、「開かれた大学改革を求める会」というサイトで、賛同署名をやっているのを見つけました。
http://www.geocities.jp/hirakareta_daigakukaikaku/

たしか津波の時にトラックバックをいただきましたよね。今後ともよろしくお願いいたします。

投稿: うに | 2005/03/08 20:47:28

コメントを書く