« 「化石山」 | トップページ | 沖縄の長く曲がりくねった道 »

2004.09.01

強い国、弱い国

ABS Medal Tally ― オーストラリアの統計省がまとめた、各国の人口あたり金メダル獲得数順位表。1位は人口31万7千人に一つの金メダルを獲得したバハマ。以下、ノルウェー、オーストラリア、ハンガリー、キューバと続きます。日本は798万4千人に一つの金メダルという計算になり、31位。

この表を Excel にコピーして、金から銅の総メダル数で順位を調べると、345万2千人に一つのメダルを取った日本は44位となります。世界で二番目に新しい国(だと思う)エリトリアの一つ上です。

これを見て、無性に他の面での国や地域別の集計表が見てみたくなり、アメリカ合衆国中央情報局(CIA)の国民一人あたりGDP順位表を見ました。ちょっと悪趣味ですが、いくつかの「ならず者国家」の数字を比較してみます。

アメリカ(第2位、$37,800) 対 イラク(第186位、$1,600) ― 23.6倍
アメリカ(第2位、$37,800) 対 アフガニスタン(第219位、$700) ― 54.0倍
イスラエル(第41位、$19,700) 対 パレスチナ(―*、$700) ― 28.1倍
日本(第18位、$28,000) 対 北朝鮮(第203位、$1,000) ― 28.0倍

*パレスチナは、ヨルダン川西岸(第217位、$800)とガザ地区(第228位、$600)を単純に足して、2で割りました。

一人あたりではなく、素のGDPでも比較してみましょう。

アメリカ(10兆9,800億ドル) 対 イラク(387億9,000万ドル) ― 283.1倍
アメリカ(10兆9,800億ドル) 対 アフガニスタン(200億ドル) ― 549.0倍
イスラエル(1,206億ドル) 対 パレスチナ(24億6,800万ドル) ― 48.9倍
日本(3兆5,670億ドル) 対 北朝鮮(228億5,000万ドル) ― 156.1倍

イラクや北朝鮮に関して、「悪の枢軸」「テロ国家」といった特徴付けをとりあえず受け入れることとして、そのテロを産み出す背景が何なのか、そしてそれを武力によって「解決」しようとすることがいかに大人げないかを見る思いがします。

2004年 9月 1日 午前 12:24 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 強い国、弱い国:

コメント

この記事へのコメントは終了しました。