« 都立大でハンスト | トップページ | サルトルはどこへ行った »

2004.06.08

客体と主体:被写体から撮影者へ

PhotoVoice ― アフガニスタン、コンゴ民主共和国、ネパール、ベトナム、イギリスなどで、難民やホームレス、ストリートチルドレン、HIV感染者など、従来フォトジャーナリズムの被写体になってきた人たちに写真撮影の講習を行ない、新たな技術を身につけさせるとともに、フォトジャーナリストとして育成し、世界がこれらの人たちをどう見るかを決める主導権を彼らや彼女たち自身に取り戻そうという試み。(実際の写真はメニューから Project GalleryWorld Map、各地域のリンクとたどっていくとよい。)

カンボジアでのプロジェクトに関する AP 電で知ったが、サイト内にはカンボジアでの写真はまだ掲載されていないようである。BBC news の記事の右上にある First shotsA day in my life のリンクをたどると、何枚か作品を見ることができる。

2004年 6月 8日 午前 12:04 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 客体と主体:被写体から撮影者へ:

コメント

コメントを書く