« イラクの教育荒廃 | トップページ | 無援の抒情 »

2004.05.30

「戦争のつくりかた」を広めよう!

4月の半ばごろに書いた「茶色の朝」についての記事に、数日前、「たまごの距離」というブログからトラックバックをいただいた。トラックバック先の記事では、衆議院を通過し参議院で審議に付されている有事関連諸法案の危険性を指摘した電子絵本「戦争のつくりかた」が紹介されている。

戦争のつくりかた」は、既に施行されているイラク特措法、テロ特措法や審議中の国民保護法案が「戦争のできる国」づくりにあたり具体的にどのような効果をもたらすかを子どもにも分かる平易な言葉で示し、憲法改変に向かう日本の現状を的確に描写している。

悲観的な見方をすれば、この電子本の寿命は非常に短いとも言える。このままの慣性状態で日々が過ぎていけば、国民保護法案は今国会中に可決成立してしまうだろうし、憲法自体が余命1、2年といったところかもしれない。しかし、トラックバックをくださったまきこさんが言うように、“私たちが奇跡を起こす”ことをあきらめるのは早すぎる。

仮に残念なことに私たちの怖れていることがすべて現実になってしまったとしても、この小さな本は価値を失うわけではない。子どもという存在は、ごく身近なものでなければ、社会で起こっていることすべてを理解することができないものである。だから、今日の子どもたちにとって今日の政治的な動きの同時代性を実感することは難しい。彼ら彼女たちは、後にそれを自分の生と多少重なり合う時代の歴史的事実として学ぶことになるのである。しかし、この本を読んだ子どもたちは、大人になったときに必ず、今起こりつつある変化を、この本の読書体験の記憶を媒介に、まさに自分の時代の事柄としてとらえることができるはずだ。そしてその時に感じる自分との同時代性は、その時すでに当たり前になっているかもしれない社会のきまりを疑ったり、更に悪くなっていく状況を阻止しようとしたりする力となるはずである。端的に言えば、この本は私たちの希望や努力を次の世代に受け継ぐことを可能にする本なのである。

だから、私たちはこの本を広めよう。一人でも多くの人に読んでもらおう。

まだ提案の段階だが、私は昨年、職場の組合の中央執行委員だったので、その絆を頼りに、この電子本を印刷して組合員全員に、もしくは未加入の人も含めて全職員に配布することを組合に申し入れてみた。提案が通れば、千人ぐらいの人の手に渡すことができるのだけれど… 若干の恥じらいと、きっと味わうだろう多少の挫折感を怖れなければ、道行く人たちに手渡すこともできるだろう。ほかにもきっと、できることがあるはず。

以下は雑談:この本に出会わせてくれた「たまごの距離」のブログにはひよこの写真がいっぱい。私の猫、ウニ(ほとんど外に出ないわりには狩りがうまく、ときどき雀を捕ってきます)が舌なめずりをしながら見ていました。たまご、ひよこ、にわとり… そういえば、「戦争のつくりかた」の終わりのほうにある

人のいのちが世の中で一番たいせつだと、
今までおそわってきたのは間違いになりました。
一番たいせつなのは、「国」になったのです。

という言葉、ナショナリズムについて私が一か月ほど前に書いた記事、その名も「卵が先か、鶏が先か」とぴったりつながっているじゃないですか。う~む、これは運命的な出会いだったのかもしれない。(ちょっと強引か?)

2004年 5月 30日 午前 12:06 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「戦争のつくりかた」を広めよう!:

» 【5月末日締切の署名も】署名/サイバーアクション他[5/27改訂版] トラックバック Peace Event Calendar
■署名・賛同 http://peace-event.seesaa.net/article/165503.html 【共同声明に賛同を・第一次集約5月末日】ファル... 続きを読む

受信: 2004/05/30 8:53:25

» 問われる戦争への態度。 トラックバック C'est pas mal!
今朝見つけた本について。 ノンフィクション絵本「戦争のつくりかた」http:// 続きを読む

受信: 2004/05/30 10:10:20

» 今までおそわってきたのは間違いになりました。 トラックバック 逃避日記
「壊れる前に…」さんで取り上げられているから、僕が言うほどのことでもないと思うの 続きを読む

受信: 2004/05/31 11:56:33

» なまあたたかい雨 トラックバック Passing Strangers
 日本経団連の奥田会長など、財界関係者が改憲発言を躊躇わなくなった。財界は「戦争 続きを読む

受信: 2004/05/31 12:49:18

» 戦争のつくりかた トラックバック J-POP FAN
さぁはじめよう!... 続きを読む

受信: 2004/06/01 19:11:08

» 明日は銀座に行こ〜 トラックバック Peace Event Calendar
先にお知らせした、旭屋書店・銀座店 の「有事法制&憲法9条フェア」 コーナーで、えほん「戦争のつくりかた」 置いてるそうです☆ フェアのコーナーはレジのまえです... 続きを読む

受信: 2004/06/03 1:05:00

» 悪い奴は長生きする。そして国民保護法案も。 トラックバック support the coalition
レーガン死去、やっと死んだのですか? どこかで生きてたりして・・・・ レーガンの見せ物的空虚さは? 国民を欺き続けた老人なのでしょうか? 続きを読む

受信: 2004/06/11 18:24:37

» 「戦争のつくりかた」感想 トラックバック NOPOBLOG
 「戦争のつくりかた」 という本を買いました。  うすい絵本ですが、こういう風に戦争へと進んでいくんだなというのがとってもわかりやすくかかれています。子供に... 続きを読む

受信: 2004/07/07 0:32:25

» 戦争のつくりかたを読んで トラックバック Pon
しばらく前に本屋で買った「戦争の作り方」、 買ったこと自体忘れていたけど あざらしサラダさんの記事を読んで買ったことを 思い出して読みました。 なんてことはな... 続きを読む

受信: 2004/07/25 23:30:12

コメント

絵本「戦争のつくりかた」に共感していただけて、よかったです。私もメールでひろめるのと、製本してプレゼントするのと、なんとかやっています。日曜日、参議院の議員さんは地元事務所に戻っているでしょうから、FAX送ります。
でも、うにさんの組合へのご提案が通れば、その何倍も何倍も、すごいひろがりです。もし通らなかったとしても、提案してくださったうにさんのエネルギーは、無駄になったのではなくてきっとどこかでなにかを動かしますよね。なにかが起こることはあり得るんだな。ありがとうございます。
もう、だれも、痛ましい死にかたはして欲しくないです。

ウニちゃん(猫)舌なめずりしちゃいや~。

投稿: まきこ | 2004/05/30 2:27:15

まきこさん、ウニには侵略はさせませんのでご安心を。

hana さん、Peace Event Calendar の 25 日の記事、うかつにも見逃していました。“「戦争のつくりかた」を取り上げている記事”のリストですが、私が rss 購読しているブログでは、少なくとも以下の二つがあります。

バルタザ-ルどこへゆく
日増しに募る不安
http://si-f.air-nifty.com/bal/2004/05/post_11.html

閑話休題::Blog
ノンフイクション絵本「戦争のつくりかた」
http://guitar.jp/MT/archives/000410.php

市川さん、私も「話が長い人」にはなはだ近い人に悩まされていたりします。まあ、生きるスタイルが違うから仕方がないと諦めておりますが… あ、「戦争の~」とは関係なくなっちゃいましたね。失礼しました。

投稿: うに | 2004/05/30 11:20:35

うにさんのトライ、すごいと思います☆
思わずアクションのぺーじにアイデアとしてリンクしてしまいました・・・トラックバック貼ったのはその記事です。

あきらめましぇーん、明日(3日)年金法案採決?
民主党、年金も有事も廃案に、頑張ってもっていってほしい!!!!!!

投稿: hana | 2004/06/03 1:01:12

コメントを書く