« インドの選挙結果について | トップページ | 経済制裁と鎖国 »

2004.05.19

結婚と宗教

以前暮らしていた新聞を読んだ。一番上の記事のタイトルは「祝いの日」 ― この日(5/17, 月曜日)、マサチューセッツ州で認められた同性間結婚をメイン・ストリートの教会で前夜から数百人の人が集まって祝ったという。この歴史的な日に結婚した人たちに幸多かれと祈る。 Human Rights Campaign のサイトで、この日マサチューセッツで結婚した人たちの本当に幸せそうな写真を見ることができる。

ふだんはイラクのシーア派、特にムクタダ・サドル師の言動に関して詳しい解説記事を発表している Juan Cole さんが、この同性間結婚に関しての考察を行なっている。Cole さんは、同性間結婚への反対、ブッシュ政権が目論んでいる同性間結婚禁止法案提出の議論がすべて宗教的な観点からなされていることに注目している。同性愛や同性間結婚は「自然に背く」と言った場合、その「自然さ」を定義するには宗教的な基準を用いざるを得ない、ということである。そして、それはもちろん宗教と政治の分離の原則に反するものである。

Cole さんはまた、同性愛の禁止(死罪が課される)がタリバン政権下のアフガニスタンやホメイニ師による革命後のイランなど、イスラム急進派の中で厳格に実施されていることをあげ、ブッシュ政権の行なおうとしている同性間結婚の違法化が宗教の政治的な押しつけであり、少数者の人権弾圧を招きかねないこと、奇しくもオサマ・ビン・ラディンやアルカイダの思想と同じ類のものであることを指摘している。

2004年 5月 19日 午前 12:02 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結婚と宗教:

コメント

既にご存じかもしれませんが、「すこたん企画」内のニュースでも、当日の模様が紹介されていました。
http://www.sukotan.com/news/new846.html

このサイトでは最近、米国の同性婚についての記事が頻繁に紹介されています。

投稿: Juki | 2004/05/19 21:09:29

Juki さん、ありがとうございました。「すこたん企画」の名前は週刊金曜日で読んだ覚えがありますが、サイトは知りませんでした。かなり充実しているみたいですね。(実はまだ、ご紹介いただいたページ、トップページと「にゃーご様のお写真」のページしか見ていない時点で書いています。)

投稿: うに | 2004/05/20 9:22:48

さすがうにさん、目の付け所が違う!(^^;)>にゃーご様

>同性愛や同性間結婚は「自然に背く」と言った場合、その「自然さ」を定義するには宗教的な基準を用いざるを得ない、ということである。そして、それはもちろん宗教と政治の分離の原則に反するものである。

同性愛のことだけではないかもと思いながらこのくだりを読み直しました。今の次点で何か自分にまとまった意見があるのではなく、直感でしかないのですが。

Coleさんの考察を、辞書片手にじっくりと読んでみようと思います。うにさん、ご紹介ありがとうございました。

投稿: Juki | 2004/05/21 0:43:08

コメントを書く