« It is not over yet | トップページ | オーストラリアが著作権保護期間延長 »

2004.02.09

占領軍兵士たちへのインタビュー

Sometimes it is a Soldier's Duty to Tell the Truth ― イラク占領から一時帰国中のアメリカ軍将校へのインタビュー。匿名を保証された上で、不十分な装備で長期の占領滞在を余儀なくされている兵士たちの不満が語られている。ブッシュ政権への批判もとても厳しい。

I don't see Iraq liberated and there are not any WMDs. I was there on some of the searches and I can tell you that we did not actually expect to find anything. Our leaders were telling us we would find them, but most of the officers knew that was bull sh.t.

It has nothing to do with liberation or ensuring a free election in Iraq. No way that will ever really happen. If you could see how they are parceling out the Iraq resources to the contractors there right now, you would understand what I mean. I have seen the profiteering on a first hand basis. I have never seen that level of outright greed even around the Pentagon at budget time.


インタビューアーのJay Shaftさんは、この記事のほかにも精力的に一時帰還兵たちへのインタビューを行なっている。Two US Soldiers Ask: "When will we stop dying so senselessly?" では、インタビューに応えた兵士が、占領軍に対するイラクの人たちの感情を以下のように描写している。
You know, right after the invasion, the average Iraqi was happy to see us get rid of the Saddam regime. You ask the same Iraqi how they feel about us now, and they will openly admit that they hate us as bad as Saddam, or even worse than Saddam.

なぜ反米感情が高まったと思うかと問われて、兵士は、前宣伝とはうらはらに、大規模な戦闘終結後半年経っても経済が全くよくなっていないことを挙げている。その例として、相変わらず高い失業率のほか、清浄な飲料水の不足が特に言及されている。

私たちは、NGOにはできない貢献をするのだからという理由で自衛隊を送り出してしまった。その自衛隊は浄水給水設備の提供による支援を活動の柱にかかげているが、そのための資材は今はまだ日本国内にあり、搬送の日程すら決まっていない。飢え渇いた人たちの失望の広がりが速くないことを祈ろう。

2004年 2月 9日 午後 05:54 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 占領軍兵士たちへのインタビュー:

コメント

コメントを書く