« 続報:オーストラリアの著作権延長 | トップページ | 大量破壊兵器求む(CIA) »

2004.02.11

黒島伝治 ・ Kuroshima Denji

日本のプロレタリア文学を代表する作家の一人、黒島伝治の作品集がアメリカで発刊されることになったと、訳者の Zeljko Cipris さんから連絡をいただいた。A Flock of Swirling Crows and Other Proletarian Writings という題(予定)で University of Hawai'i Press から2005年初頭に出版されるらしい。

黒島の非戦思想や社会的弱者を暖かく見守る目は、新しい世紀を迎えた今も、私たちの胸に強く訴え続ける。侵略や殺戮あるいは貧富の格差の拡大など、黒島が描いた問題は古いようで実に新しい問題であることを、私たちは日々思い知らされている。過去に犯された過ちを繰り返さないために、この英訳黒島作品集の刊行はきっと私たちに力を与えてくれるだろうと思う。膨大な労力を要したであろう翻訳をなさった Zeljko Cipris さんと、出版の英断を下したハワイ大学出版局に大きな拍手を送りたい。

作品集には、以下の作品が収められる予定。(リンクは、青空文庫の図書カード。)

Kuroshima Denji
A Flock of Swirling Crows and Other Proletarian Writings
The Telegram 電報
A Herd of Pigs 豚群
The Sugar Thief 「砂糖泥棒」
Their Lives 「彼らの一生」
Siberia in the Snow 「雪のシベリア」
The Sleigh
A Flock of Swirling Crows 渦巻ける烏の群
The Hole 「穴」
Land Rising and Falling 浮動する地価
The Cape 「岬」
Militarized Streets 武装せる市街

青空文庫の活動に参加する中で、私もいくつかの黒島作品の電子化に携わってきた。上にリンクを示したもの以外にも、青空文庫にはいくつかの黒島作品が収録されている。(作家別作品リスト) Zeljko Cipris さんからの情報では、このうち「反戦文学論」の英訳が近日中に日本プロレタリア文芸批評集の一部として出版されるとのことである。

2004年 2月 11日 午後 04:31 | | この月のアーカイブへ

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒島伝治 ・ Kuroshima Denji:

コメント

はじめまして。
たまたま"Zeljko Cipris"で検索して見つけました。
KuroshimaDenjiの本はまだ読んでいません。
一度読んでみようかと思ってはいますが…。

投稿: Marie Michon | 2006/06/07 16:38:25

Marie Michonさん、コメントありがとうございます。原作(日本語)は青空文庫で読めますから、ぜひご利用ください。

投稿: うに | 2006/06/08 0:01:39

コメントを書く